| | | | | | | |
 植毛・自毛植毛HOME / 診察のご案内 / さまざまな治療例
さまざまな治療例

ご自分の進行度を知って始まる治療 客観的な把握が第一歩

髪の毛が薄くなる症状には、「額の後退」、「頭頂部が薄くなる」などさまざまなタイプがあり、人によって異なります。ここでは、タイプ別の治療例をご紹介します。


タイプ1
タイプ1

額の両側がやや後退を始め、横から見ると前髪のラインが耳の延長線よりも少し前にある状態です。

手術例を見る
タイプ2
タイプ2

額の両側がさらに後退し、横から見ると前髪のラインが耳の延長線よりも後ろにある状態です。

手術例を見る
タイプ3-1
タイプ3-1

前髪が額の中央に半島状に突きだした状態で、頭頂部がやや薄くなり始めています。

手術例を見る
タイプ3-2
タイプ3-2

つむじのまわりから頭頂部が薄くなっている状態です。

手術例を見る
タイプ4
タイプ4

額の中央に突きでていた半島状の前髪が後退し、薄くなった頭頂部がお皿状に広がっています。

手術例を見る
タイプ5
タイプ5

額の両側の後退と頭頂部の脱毛部分が一体となり、側頭部と後頭部にしか頭髪が残っていない状態です。

手術例を見る

遺伝や年齢に関わる髪のトラブルのほか、ストレスや過度のダイエット、間違ったヘアケアなどが原因で髪が傷み、髪が少なくなってしまうケースも増えています。

手術例を見る

手術のポイント

いろいろな進行度の薄毛のタイプがありますが、初期段階は「ボリュームが減ってきた」といった印象です。やがて短くて細い毛が多くなり、毛を作る組織(毛包)がなくなると、その部分から毛が生えてこなくなります。
現在、ご自分がどの薄毛の進行度にあるのかイラストを目安にしていただき、ご自分の好みやライフスタイルに合わせて増やす部分やヘアラインをご検討ください。


関連リンク
体験者の声 ボズレー式植毛が世界中の人々に信頼される理由 ご相談/診察の窓口
資料請求 eメール相談 画像相談 診察予約


サイトマップ | プライバシーポリシー
クリニック基本情報 | ボズレー式植毛の優位性 | 診察のご案内 | ご相談 / 診察の窓口

植毛・自毛植毛で薄毛を解決 ウェルネス梅田クリニック





植毛・自毛植毛で薄毛を解決 ウェルネス八重洲クリニック