自毛植毛って大丈夫???(東京 新宿 大阪)

自毛植毛のデメリットとメリットの真実(東京 新宿 大阪)

薄毛対策で、育毛や増毛と比べて植毛は何が違うの?

薄毛・ハゲの悩みは、今では日本国民全体に共通した苦しみでもあります!
だからこそ、育毛に発毛、植毛に増毛~と、髪の毛をよみがえらせる方法がたくさん登場しているわけです!
最近は使われなくなったものの、ひと昔前は「養毛」なんて言葉も普通にみられましたね!
ところで、それくらい大盛況の薄毛治療産業ですが、それぞれの手段の違いっていったいどこにあるんでしょうか?
比較がしやすくなるように、このページでそれらの違いを一度に並べてみましょう!

育毛って、どんな特徴がある薄毛対策?

育毛とはもともと「現在の頭髪を、健やかに育てていく」というニュアンスを伴う言葉です。

1.メリットは?

この育毛、AGA(男性型脱毛症)の場合にはかなり重要な治療となります。その理由は? AGAが、頭髪の成長を妨げる原因となってしまうからです。
つまり髪がせっかく生えてきても、それがじゅうぶんな長さになる前に抜け落ちてしまうようになります。その抜け落ちるサイクルが早くなることで、AGAは進行していくのです。

そんなときに育毛をすると、今ある髪のクォリティを高めて、抜け毛の症状悪化をストップさせるきっかけになります。特に、細くて弱々しい髪が増えてきた段階では有効です。

2.デメリットは?

すでに髪が生えてこなくなった部分がある場合は、そこに育毛を試みたところで成果は期待できません。

そのほかに目立つデメリットは、やはり時間がかかることと、いつまでも続けなければならなくなる可能性が高いことでしょう。

※たとえば、ひと月あたりの育毛剤の購入額がたとえ1万円だとしても、1年で12万円、10年で120万円かかることになります(通院するならもっとかかるでしょう)。コスト面でも、いずれ重荷になる恐れがあります。

そしていろいろな方法・製品が世の中にて提供されていますが、肝心の効果については、やってみないとわかりません。期待した効果が出なかったという体験談は非常に多いです。

発毛とはどんな方法? 育毛との違いは?

発毛とはもともと、「毛穴から、頭髪が生えるように仕向けること」を指す言葉です。

1.メリット

もう生えてこなくなった毛穴がたくさんある場合は、発毛をすることでかなりの効果を引き出せることがあります。

また発毛を行う際は、頭髪が再び生えるように頭皮を清潔に、健やかに変える工夫をすることが多いです。このため、続けていくにあたって人体に何らかのダメージが及んでしまうようなリスクはあまり考えられません。

※あまり知られていないですが、発毛を標榜するクリニック等が各地に存在します。こうした医院で専門的な診療やカウンセリングを受けるという手もあり得ます。
2.デメリット

AGAが進んでいるような人だったら、発毛に成功するのは決して簡単な道のりではありません。つまり、時間面や費用面では、納得できる効果が出るまでにかなりのロスとなる恐れがあります(この点は、育毛とほぼ共通)。

だいぶ昔からよく聞く「増毛」。いったいどうやって髪を増やすの? 

増毛では、頭髪が薄くなった部分に、人工の頭髪を特殊な技術で結びつけます。そのために専用の糸や接着剤、シート等が開発されています。

増毛はときとして誤解されているようですが、育毛・発毛・植毛等と違って、自身の髪の毛を実際に再生させたり育成させたりすることは期待できません。あくまでも人工の毛髪を使って、自身の髪の毛のヴォリュームを豊かに見せるだけです。

1.メリット

薄毛・ハゲを手っ取り早く、確実に隠ぺいしたい場合に向いている対処法といえます。好きな髪形を楽しむチャンスにもなります。

ちなみにかつらやウィグではないため、つけたままシャンプーをすることも可能です。

2.デメリット

薄毛・ハゲの悩みを根本的に解決することはできません。

また、見破られないようにするために、周囲の自毛(毎日少しずつ伸びるため)との調整が随時必要です。昨今は、毎月1~2回の調整で問題ないのですが、そのたびに業者の手を借りるとなるとコストがどうしてもかさみます

※ただし、植毛と比べると安価だとよくいわれます……
1回当たりの価格ではそうなのですが、増毛をいつまでも繰り返していると、いずれ増毛のほうが割高になると思われます。

このほか、頭皮が気づかないうちに不衛生になったり、頭髪・毛根に負荷がかかったりといった理由から薄毛・ハゲを悪化させる一因になるリスクもあります。

最近、よく聞くようになった「植毛」。育毛・発毛・増毛と比べて何がおすすめ?

植毛では、毛髪が生えてこなくなった部分にメスを入れて、人工毛または自毛(自分自身の、後頭部等の頭髪)を手術で移植します。
特に自毛を採取して施術する場合は、頭皮・毛根から植え込む点が最大の特色といえます。

1.メリット

自毛植毛を選ぶ場合は、髪の毛を自然に取り戻せるというポイントで見るなら、いちばん成功率が高いです。術後の定着率・親和性が人工毛よりも高いのです。

また時間面で見ても、髪を取り戻すまでに1年以上かかることはまずありません。
そしてメンテナンスやアフターケアのために労力・費用・時間……etc.が必要となることはありません。

2.デメリット

実績や経験が豊富な医師に相談しないと絶対に実行できない治療法のため、気軽にはじめられる薄毛改善対策だとは呼べません。また、最近は極端に減っていますが手術のため失敗のリスクは皆無ではありません。

費用の点でも、まとまったお金を用意する必要があります。(長期的な費用の総額は、決して高くはないのですが。)

では、どれを選んだらいいんだろう???

これは、ひとりひとりが自身の状況に合わせて選ぶのがベストです。
たとえば、以下のような選び方が考えられますね。

費用対効果という意味では、植毛手術が他の方法を圧倒しているといえます。実はお金や期間という観点で見ても、トータルで見る場合なら植毛はリーズナブルになるでしょう。

アイランドタワークリニック
植毛シェア率トップ
アイランドタワークリニック

国内シェア60%超。CM露出やマスコミにも紹介されている知名度No.1のクリニック

歴史と実績評価の高さ
ヨコ美クリニック

日本人初のアメリカ毛髪外科専門医認定やマイクロ植毛やFUT法に携わったクリニック

 
自毛植毛の先駆者として
アスク井上クリニック

高度な植毛技術と先進の医療機器を融合させ、自毛植毛術
「i-SAFE」を開発したクオリティの高いクリニック

自毛植毛は安全? リスクはないの?

薄毛・ハゲから一気におさらばできる「自毛植毛」。子供の頃のようにふさふさとした髪を取り戻せるというメリットがあることは紛れもない事実なんですが……、外科手術を受けることになります。
つまり、頭にメスを入れることになりますし、人のすること(最近はロボット手術も登場していますが)ですから失敗だってありえます。そうそう、副作用だって考えられますね。

とはいえ、どんな危険があるのか知っておけば、対策だって立てられるようになるはずです。どんなリスクや問題点が考えられるのか、詳しくチェックしていきましょう。

大事な髪の毛を、結局取り戻せなくなってしまう危険性

「手術したのに、結局髪が生えてこない……」または「手術してからしばらく経つと、その部分が剥がれてしまったor抜け落ちてしまった!」なんてことになったら一大事。

確かに、原則として医師の手による手術ですから……最悪の結果になってしまう可能性はゼロだと断言するわけにはいきません。そのあたりは、発毛剤や育毛剤といった投薬による薄毛治療と大きく違う特徴です。
ただし! 経験のある医師に手にかかれば、そんな危険性は限りなく低いです! クリニック選び・医師選びを間違えなければそんな心配はいりません。

ここで注意してほしい点があります。それは「手術してからしばらくしたら移植毛が抜けてきた……といって、騒ぐ必要はない」という点です。

実はもともと、自毛植毛では「ショックロス」と呼ばれる一時的な脱毛現象がつきもの。このショックロスが起こっただけであれば、数ヶ月で収まります。待っていれば髪は再び生えてきますしきちんと成長します。

※しかしこのショックロスではないケース(「植えた部位の定着率が上がらず、髪が抜けてしまった」というケース)も僅少ですが報告されています。そのような場合は、やはり施術の過程のどこかに重大なエラーが潜んでいた危険性があるはずです。

「頭皮に、炎症や化膿が起こってしまった!」というケース

炎症や化膿は、自毛植毛よりも人工毛植毛の場合に顕著な症例だといわれています。

人工の毛を植え込むと、人体が拒絶反応を示すことがあります。その一環で、患部や周囲の皮膚が荒れることがあるのです。

※自毛植毛でも炎症や化膿が生じた報告例は存在しますが、軽症でひと月程度経つと自然に消えたという例がほとんどです。

AGAが進んでいるような人だったら、発毛に成功するのは決して簡単な道のりではありません。つまり、時間面や費用面では、納得できる効果が出るまでにかなりのロスとなる恐れがあります(この点は、育毛とほぼ共通)。

痛みや出血の発生

後頭部・側頭部からのドナーの採取といった複雑な手術が、自毛植毛では必須です。このため手術では必ず麻酔等を投与します。その麻酔が切れると、帰宅後に患部から出血や痛みが発生することもあります。
ただしこれらについては、重症にならないことがほとんどです。

帰宅後に、体調を崩してしまう可能性

投与した麻酔が原因で、手術後に吐き気やしゃっくりの連発、患部(特に、額やまぶたにかけての発症例が多いです)のむくみ・腫れに襲われたという体験談があります。

しかしこのような状態は、長引くことは到底考えられません。むくみや腫れについても、数日程度で収まります(洗髪やブラッシングの際に、かさぶたが多めに剥がれることはありますが、これは移植した頭皮や毛根が定着する際に起こる現象です)。

シャンプーやブラッシングのやり方について、医院からちょっとした指示が出るかもしれませんが、大問題にはなることはまずありません。

これらのリスクや後遺症に苦しめられないようにするためには?

自毛植毛手術が普及してから、けっこうな年月が流れています。手術例が積み重なれば、自然と失敗例や極端な事例も少しずつ出てくるのが、世の常識でしょう。

言い換えますと、これらの事例は実際に高い確率で起こっているわけではありません(それに技術の改善も絶えず進行しています)。むしろ少数派の体験談を集めた結果といえます。
手術の準備を誤らなければ、このような副作用やリスクに見舞われる恐れはほぼ避けられるのです。

もちろん、万全に万全を期したいと感じるのが当たり前でしょう。

  • 豊富な経験と技術を持つ医師に執刀を依頼する
  • インフォームドコンセントを守ってくれる医院に相談する
  • 何かあったときのアフターケア等を保証してくれる医院を選ぶ

これらのポイントをきちんと守っていれば、リスクやデメリットは自然と起こらなくなるはずなんですね。

自毛植毛のデメリットは?

費用対効果の高さから、自然に評価されるようになってきた「自毛植毛手術」。しかし必ずしもいいことずくめではありません。

自毛植毛手術にだって、よく探したらそれなりの欠点や弱点は実際に見つかるんですね。しかしそんなデメリットを前もって学んでおくことで、それらを手際よく回避するチャンスをつかめるのではないでしょうか? 

では早速、自毛植毛のデメリットや不安材料を並べてみましょう!

移植できる部位や、頭髪の本数に制限が生まれるケースがある

薄毛やハゲに悩む男性は、多くの場合はAGA(男性型脱毛症)が原因です。

ところでAGAは、かなり進行した場合でも側頭部や後頭部が完全に禿げ上がることはありません。そこで、そのような残っている部分の毛髪を、「ドナー」として頭皮ごと(毛根ごと)採取・移植するのが自毛植毛の原理です。

言い換えますと、移植できる部位や髪の毛の数には自然と制限がかかりますし、個人差があります。かなり薄毛・抜け毛の症状が進んでいると、全範囲をカバーするほどの頭皮を確保できないことも考えられます。

髪の毛が完全によみがえるまでに、数ヶ月我慢する必要がある

手術が完了したら、その部位の移植毛はいったん抜け落ちることがあります。それから健全な周期で髪が伸びる状態になるのですが、自然な仕上がりになるまで早くて半年くらい、遅くて1年くらいかかります。

※その間は、かつらやウィグ等を使って見た目をごまかすことが必要となるでしょう。

手術の回数が、1回で終わるとは限らない

人によっては、グラフトの切除や毛包の植え入れを数回に分けて実施する必要があります。このため、施術が数回に及んでも不思議ではありません。

したがって職業等の都合がある人は、不便を強いられる可能性はあります。

手術の前後に、仕事等を休む必要性

手術が終わったら、2~3日はゆっくりと休養するほうが無難です(その期間は、手術の都合から包帯等で頭部を覆う必要もありますから……手術の方法によっても変わりますが)。

診療および手術自体は、今では日帰りで受けられるようになっていますが、帰宅してからは無理をしないほうがよいでしょう。そこで、仕事等はうまい具合に調整して休むことが大事です。

※また2~3日の間は、かさぶたがたくさん頭からこぼれ落ちたり、激しいかゆみが発生したりといった現象が起こることが多いです。

手術費用が高いため、まとまったお金を用意する必要がある

この手術は、保険が適用されません。命に別状があるような傷病・健康な生活を送れなくなるような傷病に対処するための手術ではないからです。

では、いくらくらいかかるのでしょうか? 

これはピンキリです。人によって、移植する髪の毛の本数や部位が違いますし、手術の方法による違いもあります。つまり植毛手術では、相場の金額を決めることは難しいのです。
いずれにしても、安くても数十万円はかかるものと思って間違いないでしょう。

傷跡が残る可能性

頭の皮膚を切り取るため、その痕跡はどうしても残ります。現在は技術が進歩しているため、多少人目に触れたくらいではわからないように縫合することが可能ですが。それでも、はずみで傷跡に気づかれてしまう危険性は皆無ではありません。

※この点は医師の経験にもよりますが、手術の種類によっても変わります。たとえばFUE法ならもともとメスを使わずに手術できるため「FUT法と比べて傷痕がほとんど目立たなくなる」というメリットがあります。

メスを入れることによる、痛み

手術の際はもちろん、麻酔等を使って執刀します。ただし麻酔を投与するときの注射針による痛みは多少ありますし、術後に麻酔の効果が切れてくると、徐々に痛みを感じることはあります。

※最近のクリニックは、帰宅する際に万一の痛みに対応するための鎮痛剤等を処方してくれるようになっています。

自毛植毛手術のデメリットは、基本的に対策が可能なものがほとんどです!

どんな治療法や手術にも、何かしら副作用や問題点はつきものです。自毛植毛だってその例外ではありません。

とはいえ、こうして整理するとわかりますが、どの弱点も計画的にカバーできるものばかり。高度な技術・実績を持つクリニックに相談しながら、きちんとカウンセリングすればちゃんと対処する時間は取れます。

むやみに植毛のデメリットやリスクを怖がる必要はゼロでしょう! 

※そうそう、発毛剤や育毛剤といった他の薄毛治療と比べても、弱点が多いとはいえないでしょう

自毛植毛のメリット、おすすめの理由

「薄毛やハゲが気になり出したら、早めに処置が必要です!」
「じゃ、どんな方法で治すのがいいだろう?」
そんな話になったとき、最近クローズアップされているのが「植毛手術」。その中でも「自毛植毛手術」が猛プッシュされているんですね。

それにしても、自毛植毛のいったい何がメリットなんでしょうか?
よくある育毛剤や発毛剤などと、いったい何が違うんでしょうか? 

自毛植毛を受けた際の、肝心の……髪の毛を復活させる効果についてのメリット

その1 「頭皮が定着すれば、それからはもう順調に髪が繰り返し生えてくるんですよ!」

1点補足しますと、手術後にその部位の頭髪は、いったん抜け落ちます! しかしそれは自然な反応で、手術が失敗したことを意味するわけではありません。

1回抜け落ちたら、その後に生えてくる髪は通常のサイクルで成長します。半年くらい経つと問題なく生えそろいます(場合によっては、申し分のない出来栄えになるまで1年近く要するケースもあるのですが)。

※カツラやウィグと違って、外れる問題はまったくないですし、周囲の地毛との調整に苦労することもありません
その2「髪の毛を、本当にナチュラルに取り戻せるんですよ!」

ハゲている箇所にいったん毛根が生着すると、その後は何もしなくても毛が生えてきます。年を取れば、残りの部分と同じように自然と白くなっていくのです。髪の質や特徴も、周囲の毛と基本的に変わりません

したがって、第三者に見られたときに違和感が生じません。手術した部分だけ不自然に見えてしまうという心配はいっさい無用なのです。

やりたい髪型がある場合も、原則として好きなようにチャレンジできます

その3「自毛植毛手術を選べば、拒否反応が起こりません! 安全です!」

「植毛手術」は、使われている字からもわかりますが「頭皮・毛根」を、髪が薄くなった箇所にメスを入れて、植え込むようなものだと思ってください。

しかし。頭皮を切り取って植える……のは簡単なことではありません。実は皮膚というものは、他人から分けてもらうことは原則として不可能。なぜならば、人体には「拒否反応があるから」。体が拒否すると、せっかく植えた頭皮も頭髪も抜けてしまうのです。

そこで昔は、人工の頭髪を用いた「人工毛植毛」が普及していました。しかしこれも、一定期間が経過すると抜けてしまいます。そのため、定期的に手術を繰り返す必要がありました。

その弱点がない方法として新たに開発されたのが、この自毛植毛。この方法では、自身の側頭部や後頭部の頭皮をドナーとして採取します。

自分の頭皮を使う以上、拒否反応が起きることは避けられます。手術の失敗については、確かにゼロではありません、しかし経験と技術を備えた医師が執刀すればトラブルは起こりません(手術の成功率については、90%を超えているというデータがあるほどです)。

自毛植毛を受けた際の、お金関係のメリット

「自毛植毛手術では、『何年も続けてお金を取られる……』なんて結果になりません」

育毛剤・発毛剤の中には、高い効果を発揮することで定評のある種類もあります(たとえば、プロペシアやミノキシジル)。しかしこれらは、いつまでも飲み続けることが前提となっています。服用を中断すると、突如として効き目が落ちてしまうデメリットがつきものだからです。

しかし植毛手術なら、(後述していますが)いったん終わったら、そこから頭髪が無事に再生します。手術を数回に分けて実施することはありますが、一連の手術が終わったらその後はお金を取られません

※確かに外科手術ですから、それなりの費用はいります。
しかし全体的なコストで勝負するなら、投薬治療と比べて明らかに分があります

自毛植毛を受けた際の、時間上のメリット

「手術は受けても、せいぜい数回だけでOK! それさえ済めばもうケアは必要ない!」

植毛手術は手術を数回に分けて受けることになっても不思議ではありません。そして、手術のたびに1~2日くらい、ゆっくりと休むよう推奨されることもあります(手術そのものは、日帰りでOKというケースが当たり前になっているのですが)。

しかし手術がすべて完了してしまえば、そのあとはいっさい拘束されません
投薬方法をはじめその他の薄毛治療法を選んだときは、アフターケアやメンテナンスで大幅な時間を何度も取られることが普通ですが、植毛の場合はそれがないのです。

髪を1回で取り戻せる効果・お金・時間とあらゆる点からメリットがあるのが自毛植毛!

自毛植毛のメリット、できるだけコンパクトにまとめると?

  • 自前の毛根・頭髪だから、また元通りに髪が生えてくる!
  • すなわち、自然な仕上がりになるし危険もほとんどない!
  • 1回やれば終わりだから、手術が済んだらもうお金がかからない!
  • 投薬と違って、いつまでも治療を続ける必要はナシ!

こうして整理すると、自毛植毛は「費用対効果」という意味で、メリットが多いことがわかりますね。

アイランドタワークリニック
植毛シェア率トップ
アイランドタワークリニック

国内シェア60%超。CM露出やマスコミにも紹介されている知名度No.1のクリニック

歴史と実績評価の高さ
ヨコ美クリニック

日本人初のアメリカ毛髪外科専門医認定やマイクロ植毛やFUT法に携わったクリニック

 
自毛植毛の先駆者として
アスク井上クリニック

高度な植毛技術と先進の医療機器を融合させ、自毛植毛術
「i-SAFE」を開発したクオリティの高いクリニック

copyright©2017 shokumou concierge . All rights reserved.