植毛・自毛植毛(東京 新宿)で薄毛を解決 ウェルネス八重洲クリニック 基本情報 ボズレー式植毛の優位性 診察のご案内 ご相談 / 診察の窓口
| | | | | | | |
 植毛・自毛植毛HOME / 診察のご案内 / 傷や火傷あとへの治療
傷や火傷あとへの治療

多くの悩みを笑顔に変えてきたボズレー式の医療植毛

世界60カ国以上の人々に、延べ20万症例を誇るボズレー式の医療植毛は、薄毛にお悩みの方だけではなく、怪我や 火傷による傷あとでお悩みの方を笑顔に変えてきました。
ウェルネス・クリニックグループは、「どこに相談すればよいのかわからない」「よい解決方法が見つからない」とお悩みの方に、少しでもお役に立つことができればと考えております。お気軽にご相談ください。

傷や火傷あとへの治療

傷あとも自分の髪で自然な状態に

ウェルネス・クリニックグループには、ケガや火傷などの傷あとで悩まれて来院される方も多くいらっしゃいます。専門の医師がご状態を拝見しないと詳しくはわかりませんが、今までの実績では植毛が可能なケースがほとんどです。通常の皮膚への植毛に比べると髪の生えはじめるのが遅れる可能性はありますが、ほとんどの場合に植毛ができます。特に傷や火傷による髪の悩みを抱えている患者様には、<無料>診察予約 をお申し込みの上、医師の診察を受けていただくことをお勧めします。

対応可能な傷や火傷あとの例

ウェルネス・クリニックグループでは、さまざまな傷や火傷あとを治療することが可能です。
以下は代表的な例となります。

傷あとの例1

傷あとの例2

傷あとの例3

傷あとの例4

火傷あとの例1

火傷あとの例2

患者さまの承諾を得て掲載しております。

傷や火傷あとに関するよくあるご質問

ご自身の傷や火傷による悩みが解決できるのか、料金形態はどのようになっているのか…。具体的な内容については分からない点が多いのではないでしょうか。外傷の原因や症状は様々ですので、不安を感じられるかもしれません。ウェルネス・クリニックグループでは患者様からさまざまなお問い合わせをいただきます。その中でも、よくいただくご質問についてご紹介します。

傷や火傷あとへの植毛の方法は?

ストリップ採取法とメスを使わないFUEによる植毛が可能で、植毛方法を選択することができます。
<ストリップ採取法>
後頭部や側頭部からストリップ(切除片)を採取し移植する方法です。
<FUE(Follicular Unit Extraction)>
メスを使わず直径1mm程度のパンチを使い毛包ユニットをひとつずつ採取し移植する方法です。

傷や火傷あとへの植毛の場合、費用はどのくらいかかりますか?

費用は植毛方法とグラフト(移植片)数により決まります。
<ストリップ採取法>
植毛するグラフト数により異なりますが、20〜30万円台が中心となります。
<FUE(Follicular Unit Extraction)>
ストリップ採取法に比べると手間がかかるため、ストリップ採取法よりは高めとなります。

対応が難しい傷や火傷のあとはありますか?

今までの実績では、ほとんどの傷や火傷のあとに植毛は可能でした。
ただし、症状によっては通常の皮膚への植毛より髪の生えはじめが遅れる場合がございます。
診察は無料になりますので(<無料>診察予約 )、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お悩みの方はクリニックへ

傷の大きさや症状によって、費用や対応が異なります。
ご相談は無料ですので、下記よりお申し込みください。

画像相談無料診察予約

関連リンク
クリニックの紹介 ご相談/診察の窓口
資料請求 eメール相談 画像相談 診察予約


サイトマップ | プライバシーポリシー
自毛植毛とは | クリニックの使命 | ボズレー式植毛の優位性 | ウェルネスフォーラム | 診察のご案内 | ご相談 / 診察の窓口

植毛・自毛植毛・薄毛のお悩みならウェルネス・クリニックグループ